不動産管理,会社,相続税対策

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




経験豊富な相続専門の税理士に無料相談しましょう!

不動産管理(保有)会社で相続税対策記事一覧

 日本の資産家は、国税庁が公表している相続財産の種類別内訳によると、その所有する財産の1/2以上を不動産で占めていることから、不動産管理会社を設立して相続対策に活かす工夫が不可欠です。 この対策は、推定被相続人に集中する不動産収入の分散による毎年の所得税対策と、その収入から得られる金融資産が推定被相続人に累積することを防止することにより、長期的に大きな効果をあげることを目的としています。

所得分散効果で節税個人が高収益の賃貸物件を所有している、あるいは高額の資産運用により高収益を上げている場合、その収益が個人の財産として累積していくことになり、結果として将来の相続税が増加していくことになります。不動産保有会社を設立して、これらの不動産を個人から移転すれば、それ以後の賃貸や運用による収入は会社のものとなり財産移転対策が始まります。個人に財産が累積することなく、会社に収益が累積すること...

不動産管理会社の出資者は?優良な資産を法人で間接所有し推定被相続人に集中する収入を分散させ、相続税負担を軽減すること等を目的に不動産管理会社を設立する以上、その法人は優良法人に育っていくこととなります。そのため、株主は推定被相続人及びその配偶者(たとえば、父、母)がなることは避けて、子や孫が出資するようにします。ただ、法人を通じた負担付贈与を行うことを目的とする場合には父母が出資する方法も検討する...