養子縁組,相続税対策

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




経験豊富な相続専門の税理士に無料相談しましょう!


相続での税理士選びならこちらをオススメします♪
相続実務に精通した税理士にご遠慮なく相談してみてくださいね。

養子縁組による相続税対策記事一覧

養子縁組の概要相続税対策の中でも、比較的簡単で、すぐにできるのが養子縁組をすることです。長男の子を後継ぎにするなど、孫を養子にすることで一世代飛ばした相続をさせることも可能です。通常の場合ですと、父⇒子ども⇒孫と、孫の財産になるまでに二度の相続税の課税が発生しますが、養子縁組をすればそれが一度で済むことになります。手続きとしては、孫が養子になる場合であれば実の両親が証人になるなど、養子になる人が2...

節税と養子縁組の両立相続税対策を目的とした養子縁組が有効か無効かが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は、平成29年1月31日、「節税目的の養子縁組であっても、直ちに無効とはならない」とする初の判断を示しました。相続税法は、相続人が多いほど基礎控除額が増える仕組みになっており、今回の判決は、富裕層の間で行われている節税目的の養子縁組を容認する形となりました。訴訟で問題となったのは、2013...

民法上の養子縁組養子縁組は、養親の老後の扶養や遺産相続の後継者確保などを目的としてなされます。民法上、養子の数に制限はありません。養子縁組が有効に成立しているのであれば、民法上は何人でも養子を迎えることができます。そして、養子は縁組の日から養親の子となり、実の親子と同じ関係が生じてくることになります。しかも、養子縁組は、特別養子縁組の場合を除き、養子と実の親、実の親族との関係には何の影響もありませ...

相続税法上の養子縁組規制の対象とならないものには、次のようなものがあります。 未成年者控除未成年者控除とは、成年に達するまでの養育費の負担を考慮するため、一定の要件を満たす未成年者については、満20歳に達するまでの年数1年につき10万円を相続税から控除できる制度です。この未成年者控除は、すべての養子および実子につき適用を受けることができます。平成25年度税制改正において、平成27年1月1日以後に開...