相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




自社株式対策|自社株評価など相続税対策は相続専門税理士記事一覧

種類株式を使った自社株対策後継者以外の相続人に、株式以外の資産を承継させることができれば、遺留分の問題は解決することができます。しかし、株式以外に十分な資産がなければ、自社株式の一部を持たせるしかありません。その結果、少数株主が存在する状況となり、後継者の会社経営が不安定なものとなります。このような場合、会社法の種類株式の制度を活用して、経営権の確保を図ります。種類株式にはさまざまなものがあります...

自社株式の準共有状態会社株式も預貯金と同様に可分なものであると考えがちですが、法律的には相続人各自の相続分に応じた準共有状態になります。社長が保有していた会社株式につき、相続人が法定相続割合に応じて相続するのかというと、法律上はそうではありません。株式は預貯金などとは異なり、法律上分割されるわけではなく、全株式が相続人各自の相続分に応じた準共有となります。準共有とは、所有権以外の権利を共同所有する...

原則としてみなし配当自社株式を発行法人に売却した株主の税務上の取り扱いは、株式を金銭で引き取ってもらったのですから、譲渡とはならず、資本の払い戻しとみなし配当に該当することになります。資本の払い戻しに該当すれば課税は生じず、配当とみなされる部分についてのみ課税されることになります。オーナー経営者等で、すでに役員報酬等で高額の所得がある場合には、自社株式を買い取ってもらうと、40%以上の思わぬ税負担...

相続対策は税理士選びが成否を分ける!


相続の申告を税理士に頼む際、慣れている税理士と慣れていない税理士では相続税の納税額が大きく変わってきます。

その理由は、経験=申告数=ノウハウです。相続はその家によって異なり、同じ相続はありません。

様々なケースに対応するためには、相続税額に影響のある土地の評価減など、数多くの経験とノウハウが必要不可欠になります。

相続税を専門に取り扱う税理士事務所では、長年にわたり培ってきた実績を事例分析として保有しており、様々なケースに柔軟に、最適に対応することができるのです。

多くの税理士は企業の税務を専門にしていることが多く、個人の相続に詳しいプロフェッショナルは少ないです。

相続税の申告代理件数など具体的な実績を確認するほか、相続を専門に取り扱っているスタッフが複数在籍している税理士事務所を選ぶことが大切です。

様々な選択肢の中から最善の対策を実施するためにも、経験豊富な相続税専門の税理士に早めに相談することが大切です。

相続での税理士選びならこちらをオススメします♪
相続実務に精通した税理士にご遠慮なく相談してみてくださいね。
トップへ戻る