生命保険,活用,相続対策

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!
※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

 ⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪


相続専門のプロに無料相談!


経験豊富な相続税専門の税理士に無料相談!

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


遺言書が無効にならないための正しい作成方法とは?

相続ドットコム

生命保険を活用した相続対策記事一覧

相続税と生命保険財産を相続すると相続税がかかる場合があります。生命保険は相続税の支払資金として有効です。ただ、生命保険自体も相続税の対象となりますので、そのことも考慮しておくことが重要です。平成27年1月1日以後の相続では、相続税が増税となっています。財産を残せば必ず相続税がかかるというわけではありません。基礎控除があるからです。《基礎控除の額》 「3,000万円+600万円×法定相続人の人数」を...

生命保険による遺産分割対策相続税の対策は、遺産分割対策、納税資金対策、節税対策が大きな3つの柱と言われます。この3つに生命保険は効果があります。遺産分割対策としては、まず、第一に「死亡保険金の受取人を指定することができる」というメリットがあります。不動産や事業用資産に比べて、生命保険は分割しやすい資産です。受取人を指定できますから、保険金は受取人個人の固有の財産となりますので、遺産分割協議の対象外...

生命保険で贈与相続税対策のための現金贈与も多額になると、贈与税の負担が大きくなります。現金贈与のみならず、生命保険の加入も視野に入れて考える価値はあります。被相続人本人が自分に保険をかけると、自分が亡くなった時に多額の死亡保険金が支払われる他、相続税の非課税の特例があります。生命保険の死亡保険金を受け取った場合、誰が保険料負担者なのか、誰が保険金受取人なのかによって税金が異なってきます。保険料負担...

受取人は配偶者を避ける生命保険金の非課税枠を活用するためには、保障が一生涯続く終身保険に加入する必要があります。養老保険や定期保険では、長生きすれば保険期間が終了してしまい、再加入しようとしても年齢が高くなりすぎて、加入できなくなっているかもしれません。配偶者については、さまざまな相続税法上の特典があります。その中に配偶者の相続税額の軽減措置があります。この制度は、配偶者が法定相続分まで、または、...

生命保険の見直し高額の生命保険にすでに加入している資産家の方の中には、「しまった!やり直したい!」と思っておられる方もいらっしゃいます。しかし、生命保険契約は一度契約すると、やり直しをすることができません。その代わり、契約者は契約内容を変更することができます。保険金受取人や契約者自体の変更はできますので、今からでも一番有利な形に変更するべきです。すでに支払ってきた保険料についてはやり直しはできませ...

生命保険の権利と相続税相続開始の時において、まだ保険事故が発生していない生命保険契約(掛け捨て保険を除きます)で、被保険者が保険料の全部または一部を負担し、かつ、被相続人以外の者が保険契約者である場合において、その生命保険契約に関する権利のうち、被相続人が負担した保険料に対応する部分の金額は、その保険契約者が相続により取得したものとされます。例) たとえば、父が保険料負担者で、長男が保険契約者で、...

生命保険契約を贈与生命保険契約の譲渡は、同族会社の有する生命保険契約を譲渡時の解約返戻金などの価額で個人に譲渡する事例が少なからずあります。そのことから、個人間においても同様に生命保険契約を譲渡することは可能と考えられます。しかし、生命保険契約の贈与は、相続税法上、みなし相続財産であり、贈与はできないと考えられます。生命保険契約にかかかる保険料は、原則としてその保険の契約者が負担することになってい...

相続の放棄と生命保険金の受取相続人は相続があったことを知った時から3ヶ月以内に相続の放棄をしたい旨を家庭裁判所に申し出ることができます。申し出がない場合は、単純承認(すべての財産・債務を承継すること)がなされたものとみなされます。 ただし、いったん相続の放棄をした場合には、たとえ3ヶ月以内であっても一定の事由がある場合を除き、撤回することはできませんので、被相続人の遺産をよく調べて、放棄をする必要...