相続税に強い,専門,税理士,相続税対策とモメない相続

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




経験豊富な相続専門の税理士に無料相談しましょう!


相続での税理士選びならこちらをオススメします♪
相続実務に精通した税理士にご遠慮なく相談してみてくださいね。

遺産分割の手続き手順や方法と分割協議がまとまらない場合記事一覧

相続のスタートは遺産分割相続対策において、最初に検討すべきことは、「遺産分割」です。民法において、相続人が複数いるときは、相続財産は共有に属するものとされています。しかし、相続財産が共有に属している状態では、各相続人が各資産を自由に使用収益することができず、望ましい状態であるとはいえません。それゆえ、遺産分割手続きを行うことによって共有状態を解消し、各相続財産を各相続人に個別に帰属させることが必要...

未分割でも申告は変わらない相続が起こっても遺言書がなければ、遺産分割協議によって取得者が決まるまでは、原則として、相続人全員による法定相続分の割合による共有状態となります。その後、相続人間で話合いがまとまれば、法定相続分とは異なる遺産分割をすることができますが、相続人全員の一致が必要です。この遺産分割請求権には時効が定められておりません。いつでも何年後でも遺産分割をすることができますので、一人の賛...

特別受益の持ち戻し現行の民法では、共同相続人の中に、被相続人から遺贈を受けた婚姻、養子縁組あるいは生計の資本として贈与を受けた場合には、被相続人が相続開始の時に有していた財産の価格にその贈与の価格を加えたものを相続財産とみなして、各相続人の相続分を計算することとしています。 この場合には、遺贈や贈与を受けた相続人は、これらの計算方式により算出された相続分から遺贈または贈与の価格を差し引いた残額しか...