遺産分割協議書 作成方法 書き方

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!
※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

 ⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪


遺産分割とは何か?

遺産分割の方法と種類がイメージできる画像

 

相続のスタートは遺産分割

相続対策において、最初に検討すべきことは、「遺産分割」です。

 

民法において、相続人が複数いるときは、相続財産は共有に属するものとされています。
しかし、相続財産が共有に属している状態では、各相続人が各資産を自由に使用収益することができず、望ましい状態であるとはいえません。それゆえ、遺産分割手続きを行うことによって共有状態を解消し、各相続財産を各相続人に個別に帰属させることが必要となります。
 そこで、民法は、「法定相続分」を定め、複数の相続人がその割合に応じて資産を承継するものとしています。
しかし、遺産分割は、相続人による協議によることもできるとされており、必ずしも法定相続割合によって遺産分割を行う必要はありません。

 

 このため、遺産分割をめぐる相続人間の争いが発生する可能性が出てくるわけです。いわゆる「争族」のはじまりです。


遺産分割できなかったら?

遺産分割の方法と種類がイメージできる画像

 

納税できず、相続人間のトラブルも

遺産分割ができなければ、相続税の納税はできません。
相続税は、相続開始日から10日以内に現金で納付しなければなりません。

 

遺産分割協議がまとまらなければ、預金の引き出しもできません。そのため、相続人に固有の現金や現金化できる資産がなければ、納税が極めて困難となります。場合によっては、高い利息を支払って分割納付する「延納」を選択しなければなりません。

 

《不動産売却・名義変更もできません》
また、遺産分割が決まらなければ株式や不動産を売却することはできません。株式や不動産の名義変更もできないわけです。
売却できませんから、現金化することもできず、自由に処分することもできません。

 

もし、相続人の中に一人でも遺産分割協議書に押印しない人がいれば、資産は永遠に処分することができなくなるわけです。

 

さらに、遺産分割がまとまらない場合、不動産の名義変更登記ができないため、不動産の売却ができなくなります。
現金が不足し、不動産の売却で納税資金を賄おうとしていた場合、不動産が予定どおりに売却できなければ相続税の納付ができなくなる可能性が出てきます。

 

《相続人の生活資金が枯渇します》
そして、遺産分割がまとまらない場合、相続人の生活費が枯渇してしまう事態が生じる可能性があります。

 

相続が発生すると同時に金融機関は被相続人の資産をすべて凍結しますから、遺産分割がまとまらない限り、預金を引き出すこともできません。
このような場合、手元現金や自分名義の預金がなければ、生活費が足りなくなる可能性も出てくるわけです。

 

《相続人同士の人間関係のトラブル》
何よりも重要な問題は、遺産分割がまとまらずに相続人間で裁判になるリスクがあることです。

 

訴訟に発展すれば、多額の弁護士費用が必要になることに加えて、数年間にわたり、預金の引き出しや不動産の売却ができなくなり、資金繰りに困難が生じることになります。

 

また、裁判の長期化によって人間関係が悪化してしまうケースも多く、すべての相続人に大きな精神的ストレスをもたらしてしまうことになります。


遺産分割できなければ相続税は?

遺産分割の方法と相続の申告がイメージできる画像

 

相続税を多く納税することになる

遺産分割がまとまらない場合、相続税の申告が不利になるリスクがあります。

 

相続税の申告期限は、相続開始後10ヶ月以内です。
この申告期限までに遺産分割がまとまらないと特例の適用を受けることができなくなるためです。

 

遺産が未分割だと、下記の特例の適用を受けることができません。

 

《配偶者の税額軽減》
(配偶者が取得する相続財産が法定相続分相当額または1億6000万円まで課税されないとする制度)
配偶者の税額軽減を適用できるならば、子供がいる配偶者の法定相続分または相続財産の2分の1まで相続税は課税されません。

 

よって、相続人全員の相続財産がどんなに多くても、配偶者の税額軽減を適用することさえできれば、納税額は大幅に軽減されます。
未分割のままの場合には、配偶者の税額軽減を適用した場合と比べて、2倍以上の納税額となることもあります。

 

《小規模宅地等の評価減の特例》
これは、個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等又は被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、限度面積までの部分については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、一定の割合を減額する、という特例です。

 

この特例を受けるためには、遺産分割に際して、配偶者の居住用の土地(330uまで)を相続することを確定させる必要があります。

 

そうすれば、土地の80%評価減が使えるため、仮に、1億円の土地(330u未満)の場合、課税価格に算入すべき金額は、2000万円でいいということになります。

 

遺産分割が未確定のままだと、1億円の評価額が相続財産に算入されることになりますから、相続税は数千万円多額になります。

 


遺産分割の基準

遺産分割の方法と相続の申告がイメージできる画像

 

どんな割合で遺産を分割するの?

民法では、遺産の分割は、「遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態および生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」と定められています。

 

実際に相続が発生した場合には、相続人はどうすればいいのかわからないのが通常です。

 

民法の基準に従えば、不動産経営を継いだ子に不動産を、会社経営を引き継いだ子に事業用資産を相続させることが合理的ということになりますが、相続人が複数いる場合には、各自が法定相続分を有しています。

 

相続人全員に各自の法定相続分を満足するように遺産を分割しようとすると、不動産経営を継いだ相続人に不動産を、会社経営を引き継いだ相続人に事業用資産を相続させることができない場合が多いはずです。

 

そこで、相続人全員がその自由意思で合意するのであれば、法定相続分に従わず、どのように遺産分割してもよい、とされています。

 

したがって、相続人間で話し合いがまとまるのであれば、不動産経営を継いだ相続人には不動産を、会社経営を引き継いだ相続人には事業用資産を相続させ、結果として他の相続人はその分、相続分が法定相続分よりも少なくなる遺産分割協議であっても、全員一致すれば問題なく行えます。

 

しかし、最近では兄弟姉妹であっても、全員平等であることを求める傾向が強く、このような遺産分割協議の成立が非常に難しくなっています。


遺産分割の方法は3種類

遺産分割がイメージできる画像

 

遺産分割は相続人全員の合意により、成立し、遺産分割協議書に各相続人の署名、押印(実印)が必要になります。
遺産分割の仕方は、一般的には現物分割ですが、現物分割に加えて代償分割を行うケースも増えています。

 

現物分割と換価分割と代償分割

遺産分割の方法は3つあります。
《現物分割》
相続財産を、実際の物で分割する方法です。たとえば、不動産は相続人Aに、会社株式は相続人Bに相続させるという方法です。

 

《換価分割》
共同で相続した財産を分割せず未分割の状態で換価し、その対価である金銭を共同相続人間で分割する方法です。
未分割の状態での不動産の譲渡なので、譲渡代金の取得割合は法定相続分になります。

 

なお、相続人が換価時まで(遅くとも所得税の申告期限まで)に換価代金の取得割合を決めている場合は、譲渡代金の取得割合もその割合になります。

 

現物での分割が困難である相続財産の場合には、競売や任意売却により換価分割し、売却代金を相続人が受け取る、という方法ですが、
不動産や会社株式、事業用財産については、売却して承継ができません。

 

この方法によることは不動産や会社の解体につながってしまうというリスクがあります。

 

《代償分割》
特定の相続人が相続分を超える価格の現物を取得し、他の相続人に対して代償金を支払う、という方法です。

 

相続人の1人が財産を取得する代償として、他の相続人に金銭や不動産を渡すことを代償分割といいます。財産が分割し難いような場合に多く使われます。

 

不動産や会社の承継の場合には、後継者がこれらの現物を取得し、他の相続人に相続分に見合う代償金を支払う方法が取られることが少なくありません。

 

あとは、この代償金を後継者がどうやって準備するかということです。換金できない先祖から引き継いだ不動産や自社株式だけの場合には、代償金や相続税を支払うことができない可能性もあります。

 

 

 

 

代償分割の注意点

代償分割で、資産を相続した者は、他の相続人に対して債務を負うことになるため、資金の準備が必要になります。

 

この点、代償分割のために相続した不動産を売却しようとしても、遺産が未分割の状況では、土地を売却する際の、「相続税の取得費加算の特例」が利用できないため、注意が必要です。

 

《相続税の取得費加算の特例》
相続税の取得費加算の特例とは、相続した土地や株式を相続後3年10ヶ月以内に売却した場合、その売却益に対する譲渡益を計算するうえで、すでに課税された相続税のうち土地や株式に対応する金額を取得費に加算するものです。

 

これによって譲渡所得が少なくなり、所得税の負担を減少させることができます。

 

代償分割を前提として遺産分割協議が進んだならば、「相続税の取得費加算の特例」を使って土地を売却することを検討しましょう。

 


遺産分割協議と遺産分割協議書の作成

 

質問

遺産分割協議の内容と遺産分割協議書の作成方法について教えて下さい。

 

回答

遺産の分割については、民法906条から909条に規定されていますが、遺産分割協議書は特に様式の指定はありません。

 

 

注意点

  • 遺産分割協議書に押印する印鑑は、印鑑証明書の印鑑(実印)を使用します。
  • 相続人の中に未成年の者がいる場合は、家庭裁判所で特別代理人の選任を受けて、特別代理人がその未成年者に代理して遺産の分割協議を行います。
  • 分割協議で何も相続しないことになった相続人も署名押印することが必要です。
  • 分割協議が整った後に新たな財産が見つかることもあります。そのときの対応をどうするのか、といったことも併せて記載しておくと将来の争いを防ぐことができます。例えば、新たに見つかった遺産について相続人の1人を取得者と定めるか、あるいは別途分割協議を行うこととするかを記載します。

 

遺産分割協議書の作成例

被相続人の表示

本      籍:東京都豊島区東池袋○○丁目○番地
最後の住所 :東京都豊島区東池袋○○丁目○番地○号
被相続人氏名:甲野 太郎
相続開始の日:平成○○年○月○日

相続人の表示 後記相続人署名欄記載のとおり
遺産分割協議事項 被相続人甲野太郎の遺産については、同人の相続人の全員において分割協議を行った結果、各相続人がそれぞれ次のとおり遺産を分割し、取得することに決定した。
1相続人甲野花子が取得する財産

(1)豊島区東池袋○○丁目○番 宅地200u
(2)同所同番地所在 家屋番号○番
  木造瓦葺2階建居宅 床面積100u
(3) (2)の居宅内にある家財一式

2相続人甲野一郎が取得する財産

(1)△銀行池袋支店の被相続人名義の定期預金
  1口2000万円
(2)□株式会社の株式 1200株

3その他

相続人甲野一郎は、被相続人甲野太郎の次の債務を承継する。
△銀行池袋支店からの借入金 500万円

上記のとおり、相続人全員による遺産分割の協議が成立したので、これを証するため本書を作成し、各自署名押印する。

平成○○年○月○日

相続人 甲野 花子  印

相続人 甲野 一郎  印

 

相続専門のプロに無料相談!


経験豊富な相続税専門の税理士に無料相談!

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


遺言書が無効にならないための正しい作成方法とは?

相続ドットコム

関連ページ

遺産相続で遺産分割協議がまとまらない場合は調停による解決
遺産分割協議がまとまらない場合の調停による解決。遺産分割のための遺言書の作成,公正証書遺言が有効,相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割,遺言書の作成,納税資金の準備,相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
生前贈与では遺産分割は解決できない|特別受益の持ち戻し
生前贈与では遺産分けは解決できない−特別受益の持ち戻し。分割のための遺言書の作成,公正証書遺言が有効,相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士です。遺産分割,遺言書の作成,納税資金の準備,相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。