遺言書 作成 種類 手続き

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!
※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

 ⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪


相続専門のプロに無料相談!


経験豊富な相続税専門の税理士に無料相談!

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


遺言書が無効にならないための正しい作成方法とは?

相続ドットコム

遺言書の作成と遺言書の種類※その後の手続き記事一覧

遺言書の作成は相続人間の相続争いを防止遺言書の作成は相続人間の相続争いを防止するために効果的なものと考えられます。遺言書作成にあたっては、遺留分に配慮して作成する必要があります。遺留分とは、被相続人の一定の近親者のために法律上留保しなければならない相続財産の一定の割合をいいます。自らの財産を生前や死後においても自由に処分できるという建前はあるものの、これを無条件に認めることとなると、配偶者や子供な...

法定相続分変更のための遺言後継者の有する法定相続分が、不動産や自社株式その他の事業用資産を取得するのに決定的に不足している場合には、家や会社の後継者の相続分を増やさなければなりません。民法で定めている法定相続分を変更できるのは、被相続人に限られており、その方法が「遺言」なのです。被相続人は遺言で推定相続人の相続分を民法と異なる内容に指定することができるのです。このように、遺言で指定された相続分を「...

遺言の方法と種類遺言の方法は、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つの方法がよく利用されます。「自筆証書遺言」は要件が一つでも欠けてしまうと無効になりますので、「公正証書遺言」がおすすめです。自筆証書遺言・・・遺言者が遺言の内容、作成日時、氏名を全部自署し押印する遺言です。公正証書遺言・・・遺言者が公証人に遺言の趣旨を口述して作ってもらう遺言です。秘密証書遺言・・・遺言を行ったという事実を明確に...

質問遺言書がある場合、手続きはどのようにすればよいのでしょうか?また、遺言書が無効になってしまうことがあるのでしょうか?回答遺言書の種類や遺言書を執行する人(遺言執行者)の指定の有無で手続きが変わります。また、遺言書はその形式や内容によって無効とあんるものがあります。遺言書がある場合の手続き1.遺言書の検認の申し立て相続人等が遺言書を発見したり、遺言書を保管していた場合には、その相続人等は家庭裁判...