相続人,順位,範囲,相続分,放棄,欠格,廃除,胎児,養子

相続対策に少しでもお悩みがあるなら!


・将来の相続が不安だ
・事前に何をしておけばいいの?
・相続税がどのくらいかかるの?
・相続で兄弟とモメたりしない?
・遺言書はどのように書いたらいいの?

そんなお悩みがある方は相続税専門の税理士に相談してみて下さい!

※下記のサービスなら、相続税に精通した税理士に安心して相談することができます。

⇒オススメの相続税相談サービスはこちら♪




民法で定められている相続人

法定相続人がイメージできる画像

 

民法上の相続人とは

現行の民法では、人が亡くなった場合、相続人は、被相続人の配偶者と被相続人の一定範囲の血族と定められています。

 

亡くなった人のことを「被相続人」、配偶者を「配偶者相続人」、血族を「血族相続人」といいます。

 

配偶者と血族相続人とを同順位として相続人が決定されることになっています。よって、相続を考えるには、まず被相続人がなくなった場合に、誰と誰が遺産を相続するのかを確認しておくことが必要です。

 

民法では、被相続人の配偶者は常に相続人となり、配偶者のほかに、被相続人と一定の血族関係にある者を相続人と定めています。

 

ただし、血族相続人が相続人になることになっていますが、一定の順位があります。

 

相続人の範囲は以下のとおりです。なお、放棄の手続きをした者は法定相続人ではなかったものとされます。
また、欠格・廃除となった者は相続人にはなれません。

 

【相続人となる順位】

第1順位(子ども)

@血族相続人の第1順位は、被相続人の子供です。
A子が被相続人の死亡以前に死亡した場合には、その者の子(孫)が相続人となります。その者の子も被相続人の死亡以前に死亡していた場合には、さらにその者の子供(曾孫ひまご)が相続人になります。
これを「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」といいます。

第2順位(直系尊属) @第1順位の血族相続人がいない場合には、第2順位として被相続人の直系尊属が相続人となります。
第3順位(兄弟姉妹)

@第1順位と第2順位の相続人がともにいない場合には、第3順位として被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。
Aすでに兄弟姉妹が死亡している場合には、その子供が代襲相続しますが、
 第3順位の場合は代襲相続は一代限りとなっています。

 

@第1順位で相続人となる者
配偶者と血族相続人のうち第1順位である子またはその代襲者が相続人となります。
A第2順位で相続人となる者
第1順位の血族相続人がいない場合には、配偶者と血族相続人のうち第2順位の直系尊属で、血のつながりの最も近い両親または祖父母が相続人となります。
B第3順位で相続人となる者
第1順位、第2順位の血族相続人がいない場合には、配偶者と血族相続人のうち第3順位である兄弟姉妹またはその代襲者(甥・姪、最代襲は不可)が相続人となります。

 


民法で定められている相続分

法定相続人がイメージできる画像

 

現行の民法では、人が死亡した場合に、各相続人がどれ位の割合で財産を相続するかという、「相続分」についても定めています。民法の定める相続分を「法定相続分」といいます。この法定相続分は、次のように、5通りの組み合わせとなります。

 

【法定相続分の組み合わせ】

相続人

法定相続分

配偶者と子供 配偶者:2分の1  子供:2分の1
配偶者と直系尊属 配偶者:3分の2  直系尊属:3分の1
配偶者と兄弟姉妹 配偶者:4分の3  兄弟姉妹:4分の1
配偶者しかいない場合 配偶者が全遺産を単独で相続
配偶者がいないとき 子、直系尊属または兄弟姉妹のみが相続

 

 ※昭和55年の民法改正(昭和56年1月1日施行)で、第1順位における法定相続の場合、配偶者の相続分が3分の1から2分の1に引き上げられました。
戦前と比べ、女性の地位向上とともに、妻たる配偶者が遺産の2分の1を相続できることになり、男女平等がこのときに確立したといえます。

 


同順位の相続人は均分に相続

法定相続人がイメージできる画像

 

同順位の相続人は均分に相続

現行の民法は同じ順位の相続人同士は、原則として相続割合は同じであるとして均分相続と定めています。

 

たとえば、子が相続人で複数いる場合、子どもの相続分は原則として全員同じ割合となっています。

 

かつては、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分とされていましたが、平成25年の最高裁の判決により、この割合は憲法違反であるとされました。

 

今では民法の改正が行われ、嫡出、非嫡出を問わずに子供には平等な相続割合があるとされています。
この改正で、いよいよ日本は家制度の血脈の束縛から逃れ、子供は全て平等という認識が根付いたといえます。

 

よって、被相続人が死亡した場合に、配偶者がなく、3人の子供があり、そのうちの1人を後継者とする場合でも、後継者の相続分は他の2人の子供と全く同じで各自3分の1の相続分ということになってしまいます。

 

被相続人の遺産の大半が不動産や事業用資産である場合、地主や企業経営者が家業の承継をスムーズに進めるためには、後継者が事業用資産や不動産を全部相続することが望ましいのですが、3人の子は各自が後継者の遺産の3分の1の権利を持っているということになります。

 

家督相続の廃止により、後継者が先祖から引き継いだ財産を守り、家や会社を承継していくことが難しくなってしまったのです。

 

不動産や会社の承継計画を立てるには、まず具体的な承継計画に沿って、民法の法定相続の内容を実質的に修正して、後継者がきちんと承継できるようにすることを考える必要があります。


相続の欠格や廃除|胎児や養子

法定相続人がイメージできる画像

 

相続の欠格や廃除

欠格事由によって相続資格を剥奪された者、または被相続人の家庭裁判所への請求により廃除された者は、相続人になることはできません。これらの場合は、その者の子供が代襲相続人となります。

 

相続の放棄

民法では「相続をした者は初めから相続人とはならなかったものとみなす」とされています。
しかし、税法上は「放棄がなかったものとした場合における相続人」の人数を、相続税の計算上用いる「相続人の数」とすることとされています。

 

相続放棄は、相続人が相続権を放棄する方法です。したがって、相続放棄をした場合には、その相続に関しては初めから相続人でなかったものとみなされます(民法939)。このため、放棄した者の子等は、その相続に関しては代襲相続することはできません。

 

胎児

相続開始の時にまだ産まれていない胎児は、相続についてのみ既に産まれたものとみなして相続する能力を認めています。

 

ただし、遺産の分割は、代理人によるものであっても胎児の出生後でなければならないとするのが一般的です。

 

相続税法では胎児について、相続税の申告期限までに出生した場合に限って、胎児を相続人として取り扱うこととしています。
そのため、胎児が出生していない場合は、胎児は「相続人の数」にも算入しません。

 

養子

養子は養子縁組の日から、養親の嫡出子として扱われます。

 

そのため実父母の血縁関係の他に、養親との法定血族関係も持つことになります。そして、養親のみでなく養親の血族との間にも法定血族関係が生じることとなります。
民法上は、「養子はその養子縁組の日から養親の嫡出市の身分を取得する」とされています。

 

しかし、多数の養子をとることにより相続税を不当に減少させることも考えられますので、人数に制限を設けています。

実子の有無

養子の人数

被相続人に実子がある場合 一人まで
被相続人に実子がいない場合 二人まで

※被相続人の直系卑属(例えば孫)(代襲相続人を除きます)が養子となった場合、相続税の2割加算の対象になります。

 

上記の実子には、以下の者も含まれます。
@実子とみなす養子
・被相続人の特別養子、配偶者の実子と養子縁組した養子
A代襲相続により相続人となった者
・被相続人の実子の養子
・被相続人の養子の実子
・被相続人の兄弟姉妹の養子

 

孫が養子縁組しかつ代襲相続人である場合(二重身分)

被相続人が孫にあたる者と養子縁組し、かつ、孫の尊属にあたる子供の死亡により代襲相続人にもなっている場合は、二重に身分を有することとなります。

 

この場合は両方の身分に基づいて相続分を有するものとされます。

 

兄弟の相続分

血族相続人である直系卑属及び直系尊属がいない場合は、兄弟姉妹と配偶者が相続人になります。

 

この場合兄弟姉妹の相続分は4分の1、配偶者の相続分は4分の3となります。同順位の兄弟姉妹が複数いるときはその相続分を等分します。なそ、兄弟姉妹の相続では再代襲は認められません。また、半血兄弟(父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹)の相続分は全血兄弟の2分の1となります。


経験豊富な相続専門の税理士に無料相談しましょう!

関連ページ

相続税のかかる相続財産|相続税の仕組み体系と計算方法
相続税のあらましと仕組み。相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続手続きの流れ※期間期限と名義変更※相続税はいくらかかる?
相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続手続きで必要書類一覧※不動産や法務局登記※戸籍謄本住民票
相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続財産から葬式費用を支払った|単純承認と相続放棄と遺産分割
相続財産から葬式費用を支払った場合。単純承認と相続放棄と遺産分割相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続財産の確定が重要|贈与の立証
相続財産の確定が重要−贈与の立証。相続対策は専門の税理士や弁護士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続税の税務調査の実態と割合※対象者や預金通帳名義チェック
税務当局は国外財産も含め、財産の把握に注力−相続税税務調査。相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
相続開始時点の遺産は誰のものか?
相続開始時点の遺産は誰のものか?。相続開始時点の権利状態。相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
未成年者と障害者には控除があり、相続税法上の特典があります
未成年者と障害者には控除があり、相続税法上の特典があります。相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
遺産相続の手続き簡素化|戸籍謄本など登記必要書類
相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。
空き家の管理問題と対策と活用※空き家対策特別措置法
空き家の管理問題と対策と活用※空き家対策特別措置法。相続対策は専門の税理士に相談!争族を避け円滑な相続に導いてくれるのは相続に精通した税理士と弁護士です。遺産分割、遺言書の作成、納税資金の準備、相続財産評価額の下げ方、会社経営者の事業承継、自社株評価対策、生命保険の活用、生前贈与、を解説。